自律神経失調症とミニマムライフ

自律神経失調症の主婦 シンプルな生活の記録

眠るのが一番の薬

お盆の帰省が終わり、いつもの日常に戻りました。

 

 

家事もできるようになり、やっと買い物をしたり、あと一息の子供の自由研究の手伝いをして過ごしています。

 

 

体調を崩すようになり、環境の変化にも敏感になったのか、それとも夏バテか、疲れか、台風のせいか、プレ更年期か…帰省中も体調が優れない日が続きました。

 

 

食欲が落ち、フラフラ。

 

 

せっかくの帰省なのに、寝てると楽で、寝て過ごす。

 

 

夜もぐっすり眠れず、早く自宅に帰りたいとさえ思いました。

 

 

私は子供の頃から、枕が変わると眠れないたちで、眠れない修学旅行もキャンプも苦手でした。神経質なんですかね。

 

 

眠れないとつらいので、今は帰省にも旅行にも枕を持参するのですが、今回は愛用の枕を忘れてしまったのでした...

 

 

けれど自宅に帰ってからは、とてもぐっすり眠れる日々が続いています。

 

 

慣れた環境は素晴らしい。

 

 

転勤で度々引っ越していますが、1年も住めば都です。

 

 

高速を降りるとホッとします。

 

 

眠れたおかげで日ごとに元気に。

 

 

1日1日良くなり、3日経ってやっと元の生活に戻りつつあります。

 

 

ここ数日は、体調不良だった実家で妹がくれた、小豆茶を飲んでみました。

 

 

小豆の味はしない、クセがないおいしいお茶でした。

 

 

十六茶とか爽健美茶とかみたいな。

 

 

5袋くらいくれたので毎日500mlの水筒に入れて、1袋を1日で飲み切りました。

 

 

今日は最後の1袋。

 

 

飲み始めてなんの変化もなかったのに、昨夜からおトイレの回数がすごく増えました。

 

 

水分をたくさん摂ったわけではないので、これは利尿効果です。

 

 

夜中に何度も起きました。

 

 

やはり小豆には利尿作用があるのです。

 

 

むくみに効きます。

 

 

他にも鉄や銅を含んでいて、貧血体質の私にぴったり。

 

 

ビタミンも入っているし、小豆の温める作用に期待しています。

 

 

私の体調不良は冷えから腎臓が弱っているのでは?と、妹が考えて選んでくれたお茶。

 

 

思ったより良かったです。

 

 

体に溜まった水分は冷えの元です。

 

 

5日飲んで水分を出している実感があったので、1度購入することにしました。

 

 

 

 

 

届くのが楽しみです。

 

 

それにしても、夜何度も起きたら眠れないから困りますなー。

 

 

元気になるためにたくさん眠りたいんですけど。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

地上波じゃなくても

母は20年以上もあるアイドルグループのファンです。

最近、地上波復活か?と言われているあの元グループの方たち。

いろんな圧力から地上波での活動が見られなくなった、あの元グループの方たち。

そう、SMAPです。

中でも事務所を出て行かれた方のファンです。

新しい地図っていうのですね。

キャーキャー追いかけたり、ライブに行ったりなどはせずに、出演するTV番組を録画して必ず見たり、映画を観に行ったり、CDを購入したりして母らしく、静かに応援し続けていました。

ですので、解散になりさぞかし気を落としているだろうと…けれど母は態度に表したりしないので、私は勝手に「やっぱり露出が減って寂しいはずだよねー」と思っていました。

おととい、そのグループの方の映画の話になり、いろんな活動をしているんだよ、というのを母から聞きました。

私はあの方たちを TVで見なくなって、今どうしてるんだろう、と思っていました。

あんなに活躍していたのに…

しかし母は、Abema TVではいつも見られるし、それぞれに映画や舞台、アートなどの分野で活躍しておられると、長々と彼らのお話を生き生きと楽しげに聞かせてくれるのでした。

し、知らなかった!

なんか、良かったー。

情報番組などでも出演場面はカットされているから見られないだけ、とのこと。

そうだったのかー。

母の元気の元でもありますから、良かったです。

少し前に携帯をスマホに変えると同時に、タブレットも購入し、Abema TVをとても楽しんでいます。

TV局の忖度だとか、事務所の圧力だとか応援している母には関係ないし、もうどうでもいいようでした。

地上波には出てなくても、相変わらず TVを見て、笑って元気になっています。

TVを見るだけしか趣味もない母が 、TVを見て元気に笑っていると、それだけで私も嬉しいです。

地上波で見られなくても、これからもいろんな場面でどんどん活躍していて欲しいと思います。

母は他にも韓ドラに夢中で朝から晩まで録画して見たり、自宅でしている仕事の合間にみたり、夜中まで録画を見たり、韓ドラ漬けでもあります。

韓国ともいろいろありますが、韓ドラがなくなったら、寂しいだろうなー。

そんなテレビっ子の母と、今朝はNHKを見ながらラジオ体操しました。母の日課です。

私は昨夜はほとんど眠れなかったので、いきなり体操はきつく、だるくてまた横になりました…

台風が過ぎたら自律神経も整うでしょうか。

台風が過ぎた後のように、ぱあっと晴れ晴れした体調になりたいです。

眠れないとき何してる

2日間不眠気味の日が続き、昨夜はようやくぐっすり眠ることができました。

嬉しいー。

怖い夢も見ずに、よく眠れた!と実感できる朝は何よりも嬉しいです。

眠れない日の長い長い夜はつらいですよね…

昼間忙しく動いてると早く過ぎ去る時間も、眠れないと、夜ってこんなに長いものか…と悲しくなります。

時々ウトウトできたかということもあれば、数時間眠れる日もあり、はたまた結局一睡もできずに新聞配達のバイクの音が聞こえてきて悲しくなることも。

私は家族4人で川の字で寝ていますが、ぐっすり眠る家族を尻目に、1人でゴロゴロ転がっています。

孤独な長い夜。

寝返りをうっているうちに眠れるかな。

ごろ寝ストレッチでもしてたら、リラックスして眠気が来るかな、といろんなポーズをしてみたり。

不眠に効くツボを押してみたり。

…お腹空いてきたな。

もう眠らないでいいや、明日は眠れるさ。

眠ろうとすればするほど、目は冴え渡ります。

つらくなるので諦めも必要ですね。

ブルーライトを浴びると良くないと言われますが、不眠で暇を持て余すのでスマホをいじってみたり。

スマホゲームしているうちに眠気が来てくれる時もあり、そんな時はすかさずスマホを消して眠ります。

昨日から胃も気持ち悪いし、軽い動悸と頻脈、ほてり。

今日も体調不良です。

今日も眠れるといいなぁ。

眠れないときみなさんどう過ごしているのでしょうか。

眠れないときにすることリストでも作ろうかな…

ちょっと無理して花火大会2回目

昨日は今年2度目の花火大会に行くことができました。

f:id:green_ringo:20190814165015j:plain

希望が叶いました。嬉しい!

花火の火の粉が降りかかりそうな真下で、美しい花火を観賞して来ました。

近くだと、本当に音も最高。

それに屋台の食べ物を食べながら見るのは何年ぶりか。

息子念願のりんご飴を食べさせてあげることができました。

たくさんの人でいっぱいでしたが、早めに行って、早めに帰って来ました。

駐車場からまあまあ歩いて

f:id:green_ringo:20190814163328p:plain

私の歩数計の歴代1位でした。

この頃は不安症状があまり出なくなり、あとは体力の問題が大きいような気がします。

特に夫も母もいるので安心でした。

無理しないけど、ちょっとだけ無理してがんばって歩き

ましたよ。

そして今日は実家に帰省3日目。

今日は体調があまりよくありません。

夫がお盆休みに入ってから、川に石拾い、長距離ドライブで帰省、花火大会、そして今朝も川に石拾いに行くという、私には久々の毎日イベント続きだったので、疲れが出たのかも知れません。

台風による気圧の変化や、エアコンでの冷えもあるかも。

私は結構な割合で、実家に帰ると体調を崩します。

なぜなのか…不思議でたまりません。

実家といえども気を使うから疲れるのか。

(自分が暮らしていた頃の実家と、出てからの実家は違いませんか?私は寝つきが悪いです。)

それとも母がいる安心感から、緊張が緩むのか。

ただ動き回りすぎて疲れるのか。

お正月の帰省は大丈夫だったんですがねぇ。

こっちに来たらしたい、ということもいろいろ考えてきたのに、体がついて行きません。

いつもはできない洗車をして車内も掃除機をかけたい。

みんなでボーリングなどに行ってみたい。

妹の誕生日プレゼントを買いに行きたい。

どのみち台風ですが。

食欲も落ちたので漢方薬をしっかり飲んでおきました。

午後から雨予報だったので、自由研究の石拾いに行っておいて良かったです。

時折、通り雨のように土砂降りの雨が降っています。

今夜は妹夫婦がやって来ます。

母と妹と私が集まれるのは年に2回だけ。

女同士、健康に関する話や、どうでもいい話をする時間が楽しみですが、ここ数年は私の体調で心配ばかりかけています。

申し訳ないなぁ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

馴染みのお店でモーニング

お盆の初日。

近所にある、祖父母が眠るお墓の掃除を、家族総出でしてきました。

お寺にある大きな銀杏の木と桜の木には、暑い中蝉がたくさん鳴いていました。

水をかけて暮石を磨き、蜘蛛の巣を取り、花を挿す部品をたわしでゴシゴシ。

ほおずきの入った新しいお花を備えて、お線香を上げて来ました。

綺麗になると気持ちが良いです。

子供達にとっても、風習を学べる良い機会です。

そしてこれはいつもの習慣。

愛知県出身の私は、実家に帰ると必ずモーニングを食べに行きます。

近くに良く行くお喫茶店が二ヶ所あります。

今朝は、小学生の頃から通っていた喫茶店に行きました。

カフェインレス生活をしていますが、久しぶりにコーヒーを頂きました。

ドリンク代プラス200円〜400円のセットが数種類。

レギュラーモーニングという定番ものですと、ゆで卵、サラダスパゲティ、乳酸菌飲料にトースト(今日は小倉トースト)が、ドリンク代だけで食べられるのです。

お気に入りのホットドッグセットにしました。

ホットドッグとゆで卵、サラダスパゲティ、乳酸菌飲料、今日はおまけにチョコレートがついていました。

夫はホットケーキセットにして、私と半分交換して楽しみました。

朝からお腹いっぱい。

f:id:green_ringo:20190813110116j:plain

お腹が空いていたので、肝心のモーニングを撮影し忘れて食べてしまいました…

時すでに遅し…

中学高校生時代、親と行動したくない年頃も、20代で働き始めた頃も、休日に月に2回くらいの割合で行きました。

結婚して夫が加わって、やがて子供が生まれ、一緒に行くのが帰省ときの家族の楽しみでもありました。

ジュースにさくらんぼが入っているのが、息子のお気に入り。

その子供も上は中学生に。

「大きくなったねー」

みんなで行くたびに声を掛けて下さって、マスターとママさんは帰りにバウムクーヘンのお土産を子供たちに下さるのでした。

いつも笑顔で見送ってくれましたが…

f:id:green_ringo:20190813103224j:plain

閉店!

来月にはもう…

ショック。

今日はママさんはおらず、マスターにご挨拶して来ましたが…寂しそうなマスターの笑顔。

忙しいモーニングの時間帯も厨房はマスターが1人で切り盛りされていたようでしたので、大変だったろうと思います。

とても残念です。

帰省の間に、もう一度くらい行けるといいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

帰省中

今日はお腹に力が入りません。私の自律神経よ、しっかりして。

ここ数ヶ月はPMSに加えて、生理期間中も不調ですが、今日もそんな感じです。

帰省に向かう道中に、お昼休憩をしましたが、お昼どきの高速のSAはものすごい混雑です。

北陸道を愛知に向かいます。

南条SAは、夫が好きなソースカツ丼があるので立寄りました。

私は食欲がないので、車で休憩です。(さっき塩パンとタピオカミルクティーを飲んだから、とも言える)

しかし、この南条SAはおススメですよ。

帰省のたびに利用しますが、なにしろフードコートでは席の案内をしてくれる方がいます。

フードコートというと、SAに限らずショッピングモールでも、席の確保が大変。

食事はお手頃価格でファミリーにはありがたいけど、席を探すのにイライラ。

食べ終わりそうなテーブルを見定めて、「ここいいですか〜?」と聞きに行くの、もうイヤ。

子供が小さい頃は、子供を席に置いて心配しながら食事やお水を取りに行くストレス、赤ちゃんイスを取りに行くストレス、テーブルが汚れているストレスなどがあり、ものすごーく負担でした。

いろいろありますよね…

それが南条SAのフードコートにはないのです。

列に並び、案内してくれるのを待つだけ。

席では別の方が、テーブルを拭いてくれていて、熾烈な席の争奪戦がない!

すごくいいです!上りにいましたが、下りもそうかな?

すごく広いわけではありませんが、綺麗です。

混雑している今日は、駐車場の案内の警備員さんも複数いらっしゃって、空いたスペースへの案内もしてくれて、こちらも争奪戦がなく、とてもスムーズでノンストレス。

暑い中本当にありがたいです。

f:id:green_ringo:20190812132119j:plain

お腹空いたとき用に買ったのは、これ

f:id:green_ringo:20190812133026j:plain

飛騨牛串焼きと、鱒の寿司。

そんな体調がぼちぼちの中、昨日は子供の自由研究に、川の石を拾いに行きました。

体に力が入らないけど、石を拾うのは大好きで、子供と一緒になって夢中になっていました。

楽しいことをしていると、体調の悪さも気にならなくていいです。

けれど帰るともうクタクタで、昨夜は疲れ過ぎてよく眠れませんでした。

帰省前だと、いろいろ準備もありますし疲れますが、かわいい観葉植物とベランダの野菜の水やりの心配もあり、せっせとこんなものを作ってみましたよ。

f:id:green_ringo:20190812133654j:plain

うどんではないですよ。

自動給水装置です。

フェルトを細く切り、3枚重ねて縫いました。

それを水で満たしたペットボトルに入れて、土に挿します。

こんなので、水やりできるのか?

実際このようなものが販売されているので、大丈夫なのだろう、と作ってみました。

毛細管現象で地味に水やりできるようです。

f:id:green_ringo:20190812134409j:plain

多少はペットボトルの口やフェルトから蒸発するのでしょうが、1日で水が半分くらいに減っていました。

絶対に帰省中もたない…

さらに、ペットボトルを増やし、たっぷり水やりして、植物の上に日除けをしてきましたが、この暑さ…大丈夫かな。

どうか枯れませんようにー。

半年ぶりの実家でゆっくりして来ます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

実家の片付け②

ー実家の片付けの続きです。

 

 

私たち娘に説得され、嫌々片付けていた母。

 

 

そして、めげずに帰省するたびしつこく片付けする私。

 

 

食器も少しずつ減り、不要なものだらけの吊り戸棚を処分し、さらにキッチンの流しの下と、床下収納庫に片付けがおよびました。

 

 

流しの下は全く機能しておらず、いつのものかわからない調味料、錆びついた包丁が何本か、洗剤、祖母が作っていた梅酒の瓶、プラスチックの容器などなどがゴロゴロ出てきました。

 

 

流しの下から、床下から、出るわ出るわ。

 

 

梅酒の瓶、瓶、また瓶!

 

 

笑ってしまうくらい、瓶ばかり出て来ました。

 

 

妹と2人、もはや笑うしかない。

 

 

梅酒と梅干しの中身が入っているもの、いないもの。

 

 

中身は燃えるゴミの袋へ。

 

 

瓶は瓶でまとめて。

 

 

袋もすぐにいっぱいになり、玄関に一時的に置きましたが、玄関も程なくゴミで塞がれました。

 

 

たくさんの収納はいらない!と心底思う出来事でした。

 

 

ものが溢れたせいで機能しなくなった収納。

 

 

そのせいで、新たに収納を増やす。

 

 

そして狭くなるキッチン。

 

 

こんな馬鹿馬鹿しいことはありません。

 

 

けれど、仕事も忙しく、母1人で家事をしていたわけではなかったので、そうはいかなかったのだと思います。

 

 

 

 

そしてさらに、片付けが進みました。

 

 

きっかけは祖父が入退院を繰り返し、自宅に戻ることになりそうだ、ということになってからです。

 

 

祖父の介護がしやすいように、ヘルパーさんも入れるように。

 

 

車椅子になっても入れるように。

 

 

リビングの隣にあった祖父の部屋を母と妹が2人で片付けてくれました。

 

 

祖父の6畳間1部屋から、これまた大変な量のものが出てきたそうです。

 

 

結局、退院してすぐに祖父は亡くなってしまいましたので、その後、祖父が使っていた部屋と狭かったリビングを一間につなげて広げるリフォームをしました。

 

 

その時に背の高い食器棚を処分し、ついでに客間にあった重すぎる頂き物のテーブル、頂き物の陰気なつい立てなどもリサイクル業者に引き取ってもらったそうです。

 

 

売れたかといえば…売れず、逆に処分料を払ったと電話で報告してくれましたが、母はスッキリした声でした。

 

 

庭では、祖母の趣味だった花や盆栽の植木鉢の山も、かなりの重量のゴミになってしまいました。

 

 

祖母の死後、手入れする者がいなくなり花は枯れ、素焼きの大量の植木鉢が残ったのでした。

 

 

こうしたものは、トラックで処分場へ。

 

 

押入れの中の衣装ケース、祖母がとっておいたボタンや布などの裁縫道具、私たちが子供だった頃の教材やランドセル、卒業アルバム。

 

 

それらも全捨てです。

 

 

ここ1年は、2階の物置にあった、父の昔の趣味のもの、母のバッグや着物などは私がメルカリで売りました。

 

 

大きな家財道具も父母と妹夫婦が協力して解体処分し、押し入れのカビ臭い布団や座布団も処分。

 

 

全て綺麗になりました。

 

 

残ったのは、がらんとした広さ10畳くらいはある物置と少しの物、それに写真くらい。

  

 

ー金目のものがない家です。

 

 

それなのに、あらためて、何をそんなに大事にとっておいたのか不思議です。

 

 

全部不要なものだったなんて。

 

 

不要になった時点でそのつど捨てていれば、こんなに労力はいらなかったはず。

 

 

今ではすっかり片付き、片付け嫌いだと思っていた母は、こまめに片付けをして、きれいな状態をほぼキープしています。

 

 

リビングをリフォームしてしばらくは、たまに捨て魔の妹がチェックしにやってきていたそうです。

 

 

こうして私は過ごしやすくなった実家のことが以前より好きになりました。

 

 

 けれど肝心の父母の寝室は未だ手付かずのまま。

 

 

 父も母もやはり迷惑な気持ちがあるのか、妹に文句を言ったそうで、妹ももう手伝わない!となったらしいです。

 

 

親の家の片付けはやっぱり難しいですね。

 

 

その後、私も体調を崩してできなくなりました。

 

 

寝室のような場所は特に、本人のプライベート空間なので片付けづらいです。

 

 

特に父の部屋は、父の定位置の周りにすべての必要なものが、手の届く場所においてあるような、コックピット状態になっています。

 

 

たびたびリサイクルショップでいろいろ購入してくるので、ものがすごく増えました。

 

 

私の父方の祖父も母方の祖父も共通していて、おじいちゃんというのは動かずして快適に過ごしていたいのかもしれず、父もそうなってきました。

 

 

けれど、今後大きな地震があれば一番心配なのは寝室です。

 

 

せめて、家具の転倒防止くらいはさせてもらえないかな、と思います。

 

 

もうすぐ帰省。

 

 

お母さん、 まだ綺麗をキープしているかな。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村